グラフィックの自由、webの不自由

webデザイナーになりたい、在宅で仕事をする!と誓った1年前。

HTMLのタグ一つ書けなかったわたしが、ワードプレスでオリジナルのテーマを作ってブログを開始。紆余曲折、なんとかブログをオープンすることが出来た。

今は日々新しい記事を投稿しながら、ブログの構造の修正点などをこつこつと直している。

グラフィックとwebは根本的に考え方が違って、何が一番違うかというろ、それはwebがピクセルという単位ですべてが決まるということ。そしてHTMLというwebを作成するための言語を使うということ。

22歳で仕事を始めてからずっとAdobeのillustratorを使ってきた。illustratorはデジタルなだけで、アナログで絵を描くことと大きな違いはない。制限がない。とても自由だ。

webには自由がない。HTMLを1文字でも間違ったらアウト、0.1ミリ単位で動かせない、大枠が決まったら後から修正するのはとても大変などなど、不満はいくらでも出てくる。自由がないというか、融通が気かない?頭の固いおっさんのようだ。

いや、きっとプロのwebデザイナーさんはwebには無限の可能性がある、自由だというだろう。上記の不満点なんて、わたしの技術力が足らないだけで、そんな不自由さを感じている時点で何もわかっていないアマチュアなわけで。

わたしにとってのwebの不自由さ。この思い払拭される時、webデザイナーとして本当のスタートをきることができるかもしれない。

早く頭の固いおっさんから自由気ままな変幻自在なギャルになりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする