恵方巻き2017年はいつ食べる?方角は?由来や食べ方のルールまとめてみました!

2月といえば節分の日。

暦の上で立春の前日にあたるのが節分の日で、1年の災いを払うため「鬼は外、福は内」と言いながら「豆まき」をしますよね。大阪を中心とした地域では、かつてこの節分の日に巻き寿司を恵方に向かって食べる風習があり、現在ではこの風習が全国に広がって「恵方巻き」として定着しました。

今回はこの恵方巻きについてまとめてみました。

2017年の恵方巻きはいつ?

恵方巻き写真

ずばり2017年の恵方巻きは「2月3日(金曜日)」です。

基本的には節分の日は毎年2月3日ですが、1984年までは4年に一度訪れる閏年には2月4日になることもあり、また2025年から(2021年からになる可能性あり)は閏年の影響で1日前倒しになったり、、、するらしい。

しばらくは2月3日の節分ということで大丈夫そうですね。

2017年の恵方巻きの方角は?

これもずばり2017年の恵方は「北北西」です。

恵方

恵方巻きと言えばその年の「恵方」に向かって食べることが有名ですよね。「恵方」というのは福徳を司る神「歳徳神」いる方角を「恵方」というそうで、その方角に向かって何かをすることで万事が吉とされるそうです。

歳徳神がいる方位、すなわち恵方はその年の十干(じっかん)「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」という暦で決まっています。

本来は24方位で指し示す「壬」という方位。現在では16方位による方角の言い方(北北西など)が一般的になっているようです。

今年は北北西に向かって丸かじりですね。

恵方巻きの由来とは?

大阪の商人たちが商売繁盛の祈願として始まった、大阪の花街で海苔巻きを恵方に向かって食べていた、などなど様々な説があり、大阪を中心にそういった風習があったようです。

大正時代以降になると大阪の商人たちが「幸運巻寿司」の販売促進の為に、節分の日の夜、その年の恵方に向かって黙って一本まるごとまるかじりしましょうというチラシの配布を行いました。

宣伝用のチラシには「巻寿司と福の神 節分の日に丸かぶり」と書かれていたそうで、段々と庶民の間にも広まって行ったようです。

1970年代ころからメディアに「恵方巻き」が取り上げられるようになります。その存在がは関東圏に住むわたしところまで届くようになってきました。

現在のように全国に広まったのは1989年頃、広島のセブンイレブンが新たなイベントとして恵方巻きを販売し、90年代以降になると販売エリアが拡大し、1998年には全国展開となりました。

なるほど私が小さい頃には無かったはず、、恵方巻きを食べるようになったのは社会人になってから、毎年作るようになったのはここ数年のお話ですね。

恵方巻きの食べ方ルールとは?

由来でも述べていますが、恵方巻きを食べる時には「その年の恵方に向かって無言で一本まるかじりすれば幸運に恵まれる」とされています。

太巻きを鬼の金棒に見立て「邪気を祓う」という意味もあるため、切らずにそのまま食べることが習わし。

また、切らずに太いまま食べることで「縁を切らない」とされ、太巻きは「福を巻く」という意味があることから切ることはNGとされています。

しかし!一本まるまる食べるのはなかなか厳しいものがありますよね。近年では恵方に向かって食べるだけで良い、半分に切ってもOKなど、寛容的な捉え方もされてきているようです。

恵方巻きの具材とは?

恵方巻きは7種類の具材を使うのが良いとされています。大阪発祥ならではという感じですが、商売繁盛・無病息災を願って「七福神」に因んだ7種類の具材で福を巻き込んで食べるのが縁起が良いとされているようです。

7つの具材は特に決まりがあるわけではありませんが、昔から「かんぴょう」「キュウリ」「シイタケ煮」「卵焼き」「ウナギ(アナゴ)」「桜でんぶ」が定番ですよね。

最近ではサーモン、いくらなどが入った「海鮮恵方巻き」が人気のようです。

コンビニエンスストア、新宿の主なデパートの恵方巻き

手作り派と購入派と分かれる恵方巻き。購入派にとって手軽に買えてうれしいのが、コンビニエンスストアでの販売ですよね。残念ながらどこのコンビニエンスストアも予約受付終了のようです。

新宿のデパート4店でも恵方巻きがたくさん取り上げられています。デパートならではの贅沢な素材を使った恵方巻き、名店が販売する恵方巻きも食べてみたい!

当日販売もされると思われるので、作る時間がない時やデパートの恵方巻きを買いのがした時にはコンビニへGO!

コンビニエンスストア

セブンイレブン
http://www.sej.co.jp/products/ehomaki/

ローソン
http://www.lawson.co.jp/recommend/ehou2017/

ファミリーマート
http://www.family.co.jp/campaign/spot/ehomaki2017.html

ミニストップ
http://www.ministop.co.jp/syohin/reserve/ehomaki/

新宿デパート4店

小田急百貨店
http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/special/170118_ehomaki/index.html

伊勢丹
http://isetantable.tumblr.com/ehomaki201601

京王百貨店
http://info.keionet.com/shinjuku/topics/#170202ehoroll

新宿タカシマヤ
http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/topics/food.html

まとめ

気がつけば2017年もひと月が過ぎ、あっという間に節分の季節ですね。
恵方巻きは手作りの年もありますが、デパ地下の恵方巻きも一度は食べてみたいもの。

年に一度の節分の日。

豆まきが終わったら恵方に向かって太巻きをほおばりたい!
今年は海鮮好きに育った息子の為にサーモンやまぐろが入った海鮮恵方巻きにチャレンジしてみようかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする