任天堂スイッチがいよいよ発売!価格・ソフトなどまとめてみました。

nintendoswitchまとめニュースやネットでも話題のニンテンドースイッチがいよいよ発売されるそうです。我が家のゲーム機といえばおととし買った3DSくらい。本当はWii、PSP、DSなど息子が生まれる前に買ったゲーム機が沢山あるのですが、あまりゲームばかりになるのは教育上よろしくないのでは?と思いしばらくゲーム類は封印していました。

息子もだいぶ成長して使用時間など守れるようになってきたし、親戚が集まった時などにワイワイゲームが出来たら楽しいかも!なんて思ってたところニンテンドースイッチが発売されるというではないですか。

長らくゲーム類から遠ざかってしまい疎くなっている私。ちょっと調べてみることにしました。

ニンテンドースイッチとは?

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)とは2017年3月3日に任天堂から発売される家庭用ゲーム機のこと。2015年3月にコードネーム「NX」として発表されていました。2017年1月13日、東京ビックサイトで「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」が開催され、そこで初めてニンテンドースイッチの詳細が発表になったとのこと。

現在、据置機ではWii U、携帯ゲームとしては3DSが発売していますが、ニンテンドースイッチはこれらのゲーム機の次の世代にあたるものと見られているそうです。そのうちWii Uは無くなっちゃうのかな?

公式ホームページ

https://www.nintendo.co.jp/hardware/switch/index.html

ニンテンドースイッチの発売日と価格は?

発売日は2017年3日3日。ひなまつりの日ですね。
価格は29,980円(税抜き)。うーん、微妙に高い。しばらく様子を見てビックカメラとかで安くなるのを待つかなぁ。

ニンテンドースイッチの特徴は?

Nintendoswitch2イラスト

TVモード、携帯モード、テーブルモードなど3つのプレイスタイル

ニンテンドースイッチ、なんと3つのプレイスタイルが出来るとのこと!家のリビングではテレビで、電車ではスイッチ本体を使って携帯スタイル、テレビは使わずにテーブルでコントローラーをはずし本体を見ながらプレイも出来るとのこと。

なんと夢のようなゲーム機でないですか。持ち運びが出来るなんてすごい。一つのゲーム機でどこでもゲームが出来ちゃう時代なんですね。使い勝手がいいかどうかはネットでも賛否両論のようですが、実際買って使ってみてから感想はまた書きたいと思います!

取り外し可能なコントローラー「Joy-Con」(ジョイコン)

3つのプレイスタイルを可能にしているのが、取り外して使えるコントローラー「Joy-Con」。Joy-Conグリップにはめて使えば一つの大きなコントローラーになり、グリップから取り外せば2つのコントローラーに早変わり。ストラップも附属しているので手から落とす心配もありません。また本体に直接取り付ければ3DSのような携帯スタイルになるという仕組み。従来のような携帯ゲーム機のように使うことが出来ちゃうのです。

家ではWii、持ち運びは3DS、バラバラだったゲーム機が一つで済む。なんてすごいシステムを実現させたのでしょうか。しかもこのコントローラー、本体に取り付けておけば充電もされちゃうんです。これが最初からあれば、、なんて思うのは私だけでしょうか。

ローカル通信、インターネット通信で遊べる

Nintendo Switchを持ち寄れば、8台までマルチプレイが可能。またオンラインサービスに加入すれば3DS同様遠く離れた世界中のプレイヤーと通信プレイが可能です。

ニンテンドースイッチの概要は?

セット内容

Joy-Conが「ネオンブルー/ネオンレッド」バージョンと「グレー」バージョンの2バージョンあります。

  • Nintendo Switch 本体:1台
  • Joy-Con(L) :1個
  • Joy-Con(R) :1個
  • Nintendo Switch ドック:1個
  • Nintendo Switch ACアダプター:1個
  • Joy-Con グリップ:1個
  • Joy-Con ストラップ ブラック:2個
  • HDMIケーブル:1個
  • セーフティガイド

本体

サイズ 縦101mm x 横173mm x 厚さ13.9mm
(Joy-Con取り付け時:縦102mm x 横239mm x 厚さ13.9mm)
重量 約297g(Joy-Con取り付け時:約398g)
画面 静電容量方式タッチスクリーン 6.2インチ液晶 1280 x 720ピクセル
CPU / GPU NVIDIA カスタマイズされたTegraプロセッサー
本体保存メモリー 32GB※データを保存できる容量はシステム領域を除いた容量になります。
通信機能 無線LAN (IEEE 802.11 a/b/g/n/ac準拠)、Bluetooth 4.1(TVモード時のみ、市販の有線LANアダプターを使用して有線LAN接続も可能)
映像出力 最大 1920 x 1080ピクセル60fps TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
音声出力 リニアPCM 5.1ch対応 TVモード時にHDMIケーブル経由で出力
本体内臓スピーカー ステレオ
ボタン 電源ボタン / 音量ボタン
USB端子 USB Type-C端子 本体の充電やNintendo Switchドックとの接続に使用
ヘッドホンマイク端子 市販のヘッドホン、マイク、マイク付きのヘッドホンとの接続に使用
ゲームカードスロット Nintendo Switchソフトのゲームカード専用
microSDカードスロット microSD / microSDHC / microSDXCメモリーカード対応
センサー 加速度センサー / ジャイロセンサー / 明るさセンサー
動作環境 温度:5〜35% / 湿度:20〜80%
バッテリー リチウムイオンバッテリー / 電池容量 4,310mAh
バッテリー持続時間 約2.5~6.5時間
充電時間 約3時間

Nintendo Switchドック

サイズ 縦104mm x 横173mm x 厚さ54mm
重量 約327g
接続端子 ・USB端子(側面x2[USB2.0対応]、背面x1[※])※USB2.0で動作します。今後のアップデートUSB3.0に対応する予定です。
・本体接続端子
・ACアダプター接続端子
・HDMI端子

Joy-Con

サイズ 各 縦102mm x 横35.9mm x 厚さ28.4mm
重量 Joy-Con(L):約49g、Joy-Con(R):約52.1g
内臓バッテリー リチウムイオンバッテリー
バッテリー持続時間 約20時間
充電時間 約3時間30分

ニンテンドースイッチのソフトは?

こんな夢のようなゲーム機。残念なのがWii Uや3DSとの互換性はないためソフトは新たに買わなければなりません。ソフトはどんなものが発売になるのでしょうか。2017年1月13日時点で発表されているタイトルは以下のようになっています。ニンテンドースイッチが3月3日発売なのにソフトはまだまだ数が少ない印象です。

我が家はマインクラフトが一番欲しいソフト。発売がいつになるのか気になるところですが、まだ未定のようですねー。

2017年3月3日発売決定のソフト

2017年3月以降販売予定になっているソフト

ニンテンドースイッチの予約開始日は?

2017年1月21日から予約開始していますね。大手の家電量販店や玩具店では予約販売受付は終了しているようです。ネットで探してみると、すでに定価よりも10000円以上高くなっていますが、なんとか予約受付しています。

欲しいソフトが出ていないのに、そこまでして予約するかどうか、判断に悩みますねー。

追記:2017年2月12日、新宿ビックカメラ店頭にてグレー版のみ予約受付(定価)していました。

遊び過ぎが心配な保護者向けアプリを利用しよう

家でも外でも、場所を選ばないニンテンドースイッチ。子供が遊びすぎてしまうのではないかという心配がありますよね。まだ買ってもいないけど今から嫌な予感がします。

そんな保護者の方にぴったりなのが「Nintendo みまもりSwitch」。

ニンテンドースイッチと連動してスマートフォンからプレイ時間、プレイ状況など見守ることが出来るアプリです。年齢に合わないゲームは出来ないように制限出来たり、SNSの投稿、他の人とのコミュニケーションなどの制限などを設定出来るそうです。

無料なのでこれは入れるっきゃない!

まとめ

ニンテンドースイッチについて色々と調べてみました。
まず思ったのはこんなに便利なゲーム機、なんでもっと早く出てこなかったの?まったくの素人の意見です。技術的な問題なのかわかりませんが、やっと理想的なスタイルのゲーム機が登場したなという感じですね。

本体を持ってみないと携帯してまで使いたいかどうか、またコントローラーも使い外せるのはいいけれど、そのために使い勝手が悪くないのか、資料だけではなんともいえませんね。
ニンテンドースイッチ、実際に店舗で遊んでみて、買うかどうかはまた考えたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする