R-1ヨーグルトを種菌にヨーグルトをたくさん作る方法。ヨーグルティアでやってみました!

ヨーグルトを作る方法インフルエンザが流行する時期。よく耳にするのが「R-1ヨーグルトを食べていたのでインフルエンザにかからなかった」なんて言葉。ヨーグルトは昔から体に良いとは思っていましたが、本当にインフルエンザ予防に効果があるのでしょうか。

そこで今回はR-1ヨーグルトの効能や家庭でR-1ヨーグルトを量産する方法、ヨーグルトメーカーで作るコツなどを調べてみました。

また昨年2016年の冬にヨーグルトメーカーを購入、R-1ヨーグルトを種菌にヨーグルトを量産して約1年間食べ続けてきた私の「インフルエンザ事情」がどうだったのかご報告したいと思います。

R-1ヨーグルトとは?

R-1ヨーグルトシリーズ

そもそも巷で有名なR-1とは何でしょうか。R-1ヨーグルトとは株式会社明治が発売している「明治ブロビオヨーグルトR-1」のことです。現在、以下のラインナップで発売されています。

  • 明治ブロビオヨーグルトR-1
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 低脂肪タイプ
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 ブルーベリー脂肪0
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 砂糖0
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ低糖・低カロリー
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプアセロラ&ブルーベリー
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプグレープフルーツミックス
  • 明治ブロビオヨーグルトR-1 ドリンクタイプ宅配専用

R-1という乳酸菌

このR-1ヨーグルトは正式名「Lactobacillus delbrueckii subsp. bulgaricus OLL1073R-1」というブルガリア菌(乳酸菌)が種菌で作られているそうです。

略してR-1。この乳性菌のパワーがすごいのでしょうか?

R-1ヨーグルトはインフルエンザに効くという噂の真相

ネットなどの噂ではまことしやかにR-1ヨーグルトがインフルエンザ予防に効果があるという話が流れていますが、発売元の株式会社明治は「R-1ヨーグルトがインフルエンザに効く」といったことは明言していません。

ホームページでも「強さひきだす乳酸菌」というコピーのみ。「〜に効く」「〜の効能がある」という言い方はどこにも載っていませんね。

このR-1ヨーグルトはOLL1073R-1という乳酸菌がで作られています。乳酸菌は人体の中に入ると多糖体(EPS)を作り出します。この多糖体が免疫機能を活性化するということが分かっています。OLL1073R-1乳酸菌は多糖体(EPS)を多く作ることが出来るそうです。

乳酸菌の中には多糖体を生産するものがあります。乳酸菌が菌体外に作る多糖体のことを菌体外多糖(EPS)といいますが、1073R-1はこのEPSを多く産出することで知られている乳酸菌です。

EPSの効果としてまず挙げられるのが、NK細胞を活性化させて免疫力を高める働きです。臨床試験では1073R-1の含まれるヨーグルトを摂取すると風邪をひくリスクが4割まで減少しました。

一般社団法人日本サプリメント協会

免疫機能で一番大事なのが腸管免疫です。この腸管免疫で重要な役割を果たしてくれるのがNK細胞(ナチュラルキラー細胞)。NK細胞が体内に悪い病原菌が入ってきた時に病原菌を排除しようと働いてくれます。インフルエンザのウイルスにもNK細胞は反応して排除しようと働くのです。

OLL1073R-1乳酸菌を毎日摂取することでNK細胞が活性化し、免疫システムが正常に働いてくれる。免疫システムがうまく働いてくれないと風邪を引いたり体調を崩してしまう、またインフルエンザなどのウイルスに感染してしまうということなのです。

「R-1がインフルエンザに効く」のでは正しい言い方ではありませんね。

「R-1を摂取することで腸内環境が整えられ、免疫力アップが期待される=インフルエンザに感染しにくくなる体」というのが真相のようです。

R-1ヨーグルトを家庭で量産するには?

R-1ヨーグルトはちょっとお高い

R-1ヨーグルトが免疫力アップにつながるのであれば毎日でも食べて風邪を引かない体になりたいものですよね。しかし、明治のR-1ヨーグルト。近所のスーパーではだいたい一つ120円前後。セールの時でも110円を下回ることはまずありません。

我が家は3人家族なので一月毎日食べたら120円×3個×30日=10800円。年間約13万円もかかる計算です。

そこでR-1ヨーグルトを種菌におうちでヨーグルトが大量に作れる「ヨーグルトメーカー」を買うことにしました!

おすすめヨーグルトメーカー

色々なメーカーからヨーグルトメーカーが販売されていますが、わたしが選んだのはタニカ電器株式会社の「ヨーグルティア」。

このヨーグルティア、様々なヨーグルトだけでなく甘酒、塩麹、納豆などの発酵食品を作ることが出来るのです。また、内容器が2つついてくるので、毎日食べて無くなってきたらすぐに作ることが可能です。

ヨーグルティアヨーグルティア

調べてみたところ、さらに最近このヨーグルティアの新しいバージョン「ヨーグルティアS」が登場したそうです。この「ヨーグルティアS」は温泉卵やコンフィなども作れちゃうそうで、ヨーグルティアにはなかった発行終了をお知らせしてくれるブザーがついているとのこと!

コードは底の収納部に巻き付けられるし、髙城順子先生のレシピ集もついてくるし、買うなら絶対「ヨーグルティアS」の方が便利かもしれませんね。

ヨーグルティアS

yogurtias

タニカ電器株式会社

おうちで量産!R-1種菌ヨーグルトの作り方

用意するもの

ヨーグルトメーカー
成分無調整牛乳 1リットル(1パック)
R-1ヨーグルト(ドリンクタイプでもOK)1個
砂糖 25g

作り方

①内容器と蓋、スプーンを消毒しましょう

②成分無調整牛乳をパックのままレンジで600w1分30秒温めます。ひっくり返してまた600w1分30秒温めます。

yogrt_10

③内容器を計りに乗せ砂糖25g計ります。※砂糖は菌が育つ為の必要な栄養元になるので入れましょう。(我が家はきび砂糖を使用しています)

yogrt_09

④温めた牛乳を少しずつ注ぎ入れます。途中スプーンで砂糖が溶けるようにかき混ぜましょう。

yogrt_08

⑤R-1ヨーグルトも入れて優しくかき混ぜましょう。

yogrt_04

⑥蓋をしてヨーグルトメーカーにセットします。

yogrt_03

⑦保温時間は7時間、43度で設定します。

yogrt_02

⑧7時間後、内容器ごと冷蔵庫に入れて冷やします。

yogrt_01

yogrt_00

冷えたらヨーグルトの出来上がりです!

コツ

  1. 保温時間や温度はお好みですが、試行錯誤した結果、砂糖25g、保温時間7時間、保温温度43度に落ち着きました。
  2. 保温時間が長いほどヨーグルトが酸っぱくなるので7時間たったらすぐ冷やしましょう。
  3. 種菌のヨーグルトはカップの7〜8割くらいの量を入れればヨーグルトになります。
  4. わたしはドリンクタイプで作り、残ったR-1ヨーグルトドリンクは息子が飲んじゃいます。

量産R-1ヨーグルトを1年間食べ続けた結果は?

ヨーグルティアを買ったきっかけ

ヨーグルティアでR-1種菌ヨーグルトを作り、毎朝食べるようになったのがちょうど去年の今頃でした。きっかけはその当時かかっていた鍼灸院の先生がヨーグルティアでヨーグルトをたくさん作って食べていて今のところ快調という話を聞いたことでした。

さっそく自宅に戻りヨーグルティアを調べてみたところ、ネットでもかなり評判が良く購買意欲にかられたのですが、だいたいその当時8500円から9000円くらいで売られていて「うーん、お高いな。普段買っているヨーグルト(某ブルガリア)じゃだめかしら、、」などと、はじめはなかなかふんぎりがつきませんでした。

しかし、息子が産まれてからというものの冬ともなるとインフルエンザの流行はかなりの脅威で、いつ学級閉鎖になるかもわからず、いつ自分自身も感染するか分からず出来ればインフルエンザにならずに春を迎えたい!と思わずにはいられません。

忘れられないのが息子が2歳くらいの冬。わたしはインフルエンザ三種(新型、A型、B型)につぎつぎと感染し、病院でもこんな人珍しいといわれた死ぬほど辛かった思い出があるのです。

「もうインフルエンザにはかかりたくない!」

そこで思い切って(思い切るほどでもありませんが)ヨーグルティアを購入することをきめました。ヨーグルティアを買ってからはR-1ヨーグルトを種菌に作り、ほぼ毎朝ヨーグルトを食べました。

ピルクルだけ飲む朝もありましたが、基本的には毎朝乳酸菌を摂ってきたことになります。

R-1ヨーグルトを食べ続けてきた結果

R-1種菌ヨーグルトを食べ始める前の冬

→毎年かならずインフルエンザを発症している

R-1種菌ヨーグルトを食べ始めた2016年、2017年の冬

→インフルエンザになっていない(2017年2月27日現在)

あくまで私のデータですが、驚くのが息子も全く同じです。

しかし、まだ2017年の冬は終わっておらず、インフルエンザ大流行中。これからかかる可能性はまだあります。

そして、旦那さんはR-1種菌ヨーグルトを食べる食べないにかかわらず、ここ10年インフルエンザにかかっていません。免疫力が異常に高いのでしょうか。

それでもこの1年間、風邪を引きにくくなったのは家族全員実感としてあると思います。お通じもみんなばっちりです。息子は風邪を引いて学校をお休みすることは無いですし、高熱が出たのはもういつのことかなという感じです。

私自身はもともと虚弱体質で風邪を引きやすかったりすぐに具合悪くなるタイプだったのですが、ここ最近は快調に過ごすことが出来ています。

まとめ

いかがでしたか。
個人差はあると思いますが、R-1ヨーグルトが免疫力アップに良いということは本当のようですね。

ヨーグルトメーカーで量産して種菌であるOLL1073R-1乳酸菌が正常に増えているのかどうかは研究機関で調べていないので分かりませんが、、、ゼロということはないと思います。

そして何より毎朝ヨーグルトが冷蔵庫に大量にあるという生活はとても快適です。食べたい量を調整できるし、季節のフルーツ、ドライプルーン、グラノーラなどのトッピングも楽しめます。

腸内環境を改善することで風邪だけではなく様々な病原菌を退治することも可能です。

ぜひご家庭で量産R-1ヨーグルトをお試しくださいね。

※今年の冬、来年の冬などインフレンザ事情がどうだったのか今後も分かり次第、ご報告したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする