蚊に刺されやすい人ってどんな人?蚊が好む人の特徴とは?

自慢ではないのですが、私はとても蚊に刺されやすいです。数人で外に出ていても必ず私が蚊に刺されます。大げさではありません!本当に私ばかり狙われるのです。

そしてその刺された後の腫れ具合とかゆみのひどさも人一倍。

2016年の夏は特に蚊に刺されることが多く、ムヒをいくら塗ってもかゆさは治まらない!シャワーで流してもだめ!消えたと思ったかゆみが何度も襲ってくる!など、どうにもならない刺された後の痒さに翻弄され、蚊に刺される恐怖におびえた夏でもありました。

蚊に刺されやすさって本当にあるの?

よくO型の人が刺されやすい、お酒を飲むと刺されやすいなど言われていますが、本当にそうなのでしょうか。私の血液型はA型。お酒はめったに飲みません。大勢人がいる中でも私めがけて蚊が寄ってくるというのは被害妄想でしょうか?

蚊はいつでも人をさす訳ではない

蚊は蝶などと同じく普段は花の蜜や樹液を吸っているそうですが、産卵時に栄養補給のためにメスの蚊のみが人や動物の血液を吸うそうです。ということはオスの蚊は吸わないということなのですね。わたしはメスに狙われている!こわいー。。

蚊は二酸化炭素、汗から出る揮発性物質に反応する

蚊は人や動物から排出される二酸化炭素や体の熱、湿度、また汗に含まれる揮発性物質などをたよりに人に近づこうとするそうです。ということは私の体からは他の人よりも多くの二酸化炭素が出ている?!汗が臭う?!ということなのでしょうか。うわーショックです。

蚊は濃い色を好む

蚊は白黒の世界で物を見ているらしく、濃い色を好む傾向があるようです。たしかに私の好きな服装は地味な色合いが多い。黒、紺、もしくは黒白のボーダー。これでは狙われても当然ということですね。

O型の血液を好むという研究結果がある

O型の方の血の成分が他の血液型の人の成分よりも蚊を引きつけやすいという実験結果があるようですが、実際のところはまだ未解明なことも多いようです。旦那さんはO型ですが全然刺されません。経験上、この血液型説はあまり信憑性を感じませんね。

蚊は足裏の常在菌に興奮する

「蚊は人の足の常在菌に興奮し血を吸う。特に常在菌の種類が非常に多い人が蚊に刺されやすい」とNHKのためしてガッテンでも紹介されていました。常在菌が匂いを発生してわけではなく、匂いとは別で一部の常在菌が出す化学物質やそれらの割合が蚊を興奮させるそう。わたしはこの常在菌の割合が蚊の好みなのでしょうか。

蚊に刺されないようにするには?

まずは蚊の発生を防ぐ

蚊は雨上がりの晴れた日に産卵しようと水場に寄ってくるので、そこで蚊取り線香をつけて蚊をシャットアウト。それから水が溜まるような桶、ばけつ、水たまりなどを屋外に作らないようにすることが大切みたいですね。家の前に側溝があって、そこにはよく水が溜まっています。あそこが蚊のすみかなのか。もしくはご近所さんのガーデニング?

足の常在菌を除去する

NHKのためしてガッテンでも紹介されていましが、蚊の大好きな常在菌を足裏にしのばせ、サンダルで闊歩していたら蚊に「ここに美味しい血があるよ」と宣伝しているようなもの。出来るだけ足を清潔に保ち、常在菌が発生しないように工夫しなければいけませんね。うーん、自分の足が原因とは。

蚊よけスプレー、殺虫剤を使ってみよう

蚊はハッカ油やユーカリ、レモングラスなどの香りをいやがるそうです。蚊よけスプレーなども多く出回っているので、外出の際はシュッとスプレーしてからが良さそうですね。ただし、上記のもの効果が長持ちしないのでこまめにスプレーすることが大事です。

作用が強い殺虫成分のあるものにはスプレーや軒先に吊るすタイプなど色々店頭でも売っていますよね。お子様が直接皮膚につけたりしないよう注意して使用しましょう。

まとめ

「私ばかりなぜ蚊に刺されるんだろう」ここ数年、夏になると毎日毎日蚊を呪っていました。刺された後の腫れと痛み、かゆみ。二日経っても消えないで、むしろより痒くなってくるしつこさ。ほんとうにもう!もう!とイライラしたものです。

今回なぜ自分が蚊に刺されやすいのわかったのですが、その理由が少しショックなものでした。まさか常在菌が原因とは。来年の初夏、蚊の発生時期に合わせて足裏をなるべく洗うように心がけてみます。少しでも蚊に嫌われたらこれ幸いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする