漢方で冷え性を改善したい!女性におすすめの漢方とは

無自覚の冷え性

手足の末端の冷え、腰痛や貧血などなど冷え性が原因と思われる症状に悩まされている女性は多いですよね。かくいう私は出産後に貧血、めまい、立ちくらみ、月経痛、風邪引きやすい、頭痛、腰痛、だるさ、むくみ、などありとあらゆる体の不調を経験しました。その頃はそれが冷え性からくるものとわからず、無自覚のままやりすごす日々でした。

ある時、ぎっくり腰で接骨院を訪れたときに私の背中を触った院長が「冷たないなぁ」と言ったのです。「あれ?私、冷たい?全然自覚ないけど」。また別の日には体調不良が気になって行ってみた鍼灸院でも「足が冷たすぎる」と言われ「あれ?私、温かいと思ってたけど?」そんな調子でかなり無自覚なまま冷えている体で過ごしていたことに気がついたのです。

それからは体質改善にヨガをやってみたり、新陳代謝を上げる為にジョギングをしてみたり。食生活にも気をつけるようになりました。体を温める食材、しょうがやホットミルクなど出来る範囲で冷え性を改善を試みました。

なぜ冷え性は女性に多いのか

冷え性の原因は貧血や自律神経の乱れ、またホルモンバランスの以上や新陳代謝の低下などが上げられます。女性は女性ホルモンを分泌する器官がおしりまわり、骨盤内にありますよね。その骨盤の中で血の巡りが悪くなると冷え性を引き起こす原因となるのです。

この骨盤周りの冷えは女性特有の月経や子宮関係、妊娠を司る器官の不調の原因ともなります。また、冷え性は免疫力を低下させるため、あらゆる病気の引き金にもなりうるのです。

あなたはどのタイプの冷え性?

冷え性にもいろいろな種類があります。

血行不良タイプ

頭痛や関節痛などを伴った冷え性。ストレスや乱れた食生活、睡眠不足などが原因。血行が悪くなることでひどい生理痛になることも。

胃腸虚弱タイプ

冷房や冷たいものを摂取することによって消化器系の働きが悪くなっている状態。手足の冷え、全身の疲労感に加え食欲不振、軟便、下痢になる場合も。

血不足タイプ

貧血や病気などによって全身の血が不足し、手足の冷えを引き起こしている。血が足りないため、顔色が白く、動悸息切れ、疲労感、また月経の量が少なくなることも。

陽気不足タイプ

中医学では「陽気」が体を温める働きがあると考えられているが、この体内をめぐる陽気が消耗し、強い手足の冷え、腎機能の低下、腰痛、むくみなどを引き起こす。

様々な症状を改善する漢方

運動や食事から冷え性を改善することは出来ますが、漢方を利用することで冷え性の原因となる血行不良、血行障害の改善が見込まれます。漢方には体を正常な状態に戻す働きがあると考えられているので、様々な不調の原因である冷えを根本から治療することが期待できます。

また、冷え性以外にも胃腸障害、アレルギー、不妊症、月経不順、自律神経障害、高血圧、などなどあらゆる病気に対して有効と考えられています。

漢方とはそもそも中国から日本に導入されたもので、現在病院などで処方される保険が適用される漢方は中国の中医学とは異なる日本独自の医療です。

漢方の原料である生薬は天然の植物や鉱物など様々な種類があり、処方によって配合を替え調合されています。そして、患者さんに体調、症状、体格などに合ったものが処方されます。保険診療で処方される漢方は値段も安く、続けやすいなどの利点もあります。

代表的な漢方

●当帰四逆加呉茱萸生姜湯

冷えやのぼせ、特に若い女性に処方されることが多い。

●当帰建中湯

ストレス、過労など心身ともに疲れてしまったエネルギー不足な方向け。

●当帰芍薬散

冷え改善の代表的な漢方。不妊症、腎疾患、高血圧、むくみなどに有効。

●真武湯

風邪、気管支炎、心不全腎疾患、胃腸疾患など体調不良に処方される。

●防己黄耆湯

水太り、多汗症、膝関節炎など太っていて汗をかき疲れやすい人に。

●九味梹榔湯

水毒体質で頭痛、筋肉痛、手足のしびれ、また花粉症など諸疾患に。

漢方の飲み方

漢方の飲み方には「煎じる」「顆粒」「散剤」「丸剤」「錠剤」などがありますが、一般的に多く出回っているのが「顆粒(エキス)」です。

また、漢方は食前、食間の飲むことが基本です。漢方はいくつかの生薬がバランスよく配合されています。食後は胃の中に食べ物があるため、漢方のバランスが崩れてしまい効果が薄れてしまうこともあります。

続けることで効果が期待されるので、もし飲み忘れた場合は食後でも良いので必ず服用するようにしましょう。

最近では薬の飲み忘れを防止してくれるアプリなども出回っていますので、ぜひ利用して飲み忘れの無いように工夫してみましょう。

まとめ

以前に比べ、漢方を併用した治療を行う病院も多くなってきました。保険診療で処方さされる漢方は安価で飲みやすい顆粒状のもの。食感に飲むことも習慣になってしまえば、全然手間ではありません。

慢性的な体調不良で悩んでいる方、産後に疲れやすくなった方、ぜひ漢方をためしてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする