「さしす梅」を作ってみた!

2016年5月30日にきょうの料理で紹介されいた「さしす梅」。
梅干しといえば赤じそを使ったしょっぱい梅干しを想像しますが、このさしす梅はその名の通り、さ→砂糖、し→塩、す→酢を調味液として使っている梅干しなのです。

もしかしたら甘くてしょっぱくてすっぱい(そのまんまですが)梅干しになっちゃって、美味しくないかもと思ったのですが、このさしす梅を紹介されていた横山タカ子さんのお宅を見るとなんとも美味しそうな梅干しやら漬け物やらの大瓶が至る所たーくさん置いているのです。

さしす梅も大量に作られている様子。こんなに漬け物を作っている研究家がおすすめする「さしす梅」。きっと美味しいに違いないとさっそくやってみることにしました。

『さしす梅』

材料

・完熟梅 1kg
・ざらめ糖  300g (氷砂糖でも可)
・粗塩 100g
・酢 カップ4

作り方

1 完熟梅はやわらかくなっているので傷をつけないよう、水でやさしく洗います。竹串でへたの部分(なり口)を一つ一つとりましょう。痛んでいる部分がある場合は切りとっておきましょう。

2 梅干し保存用の容器(半量でやる場合はジップロックでもできちゃいます)を日本酒や消毒用エタノールで消毒しておきます。

3 容器の中に完熟梅、ざらめ糖、粗塩を入れ、酢をまわしかます。

4 蓋をして直射日光の当たらない風通しのよいところに保管します。

5 2週間から3週間ほどおき、梅雨が明け晴れ間が続く時を見計らって、土用干しをします。土用干しは三日三晩日当りの良いところで梅を干すことですが、梅の乾き具合やかたさ具合を見てお好みで日に当てる時間を調整しましょう。

わたしは柔らかめが好きなので果肉がたぷたぷしている内に土用干しを切り上げました。たぷたぷが無くなってかなり乾いてくると旅行などに持ち歩けるような乾燥梅干しみたいになって便利です。

6 残った「さし酢」は合わせ酢として料理などに利用しましょう。すし酢的な感覚で酢飯などにもぴったりです。


まとめ

今年の初夏につけたさしす梅。あまりにも美味しくてあっという間に食べしまいました。赤じそで漬けた梅干しはしょっぱいので少量しか食べられませんが、さしす梅はマイルドな甘さとすっぱさで子供もぱくぱく食べられます。梅干しが苦手な旦那さんもこれは美味しいと食べたので、来年は今年の3倍くらい作ってみようと今から楽しみにしています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする