パソコンで絵を描くなら!初心者さんのペンタブレットの選び方

ペンタブレットとはパソコン上でイラストや漫画などお絵描きが出来る道具です。

最近では安価な初心者向けのペンタブレットから上級者向けの機能満載のペンタブレットまで沢山出回っていますよね。

デジタル制作のハードルが低くなったことにより、それまで技術が必要だったデジタルイラストなど、誰でも簡単に始めることが可能になりました。

そんなわたしもブログを始めるにあたり育児ブログで人気の4コマ漫画やイラストなどに挑戦しようと思い、ペンタブレットの購入を検討し始めました。

というわけで、今回はペンタブレットの選び方について調べてみました。

初心者向けペンタブレットの選び方

●種類

ペンタブレットには板タブ、液タブの種類があります。板タブは板のようなパッドに描くもので、液タブは液晶画面に直接描くタイプです。

●サイズ

ペンタブレットにはS、M、Lサイズとあり、一般的に使われているのがSサイズとMサイズです。作業する机のスペースやペンを持って描くときに手首を使うのか、腕を使うのかによってもサイズ決めは重要です。店頭で自分に合ったサイズを見極めましょう。

●筆圧レベル

ペンの筆圧には512、1024、2048とあり、数字が大きいほど筆圧検知の幅が広いということになるので、大きい数値のほうが良いとされています。

●価格

ペンタブレットは性能、サイズなど価格差があります。初心者でも将来的にずっと使っていくのであれば高価なペンタブレットを手に入れてもいいかもしれませんね。

●ペン

鉛筆よりもちょっと太めのペンに専用の芯をつけて使用します。芯は摩耗して削れます。付属品で数本ついてきますが、なくなったら単品で購入しましょう。

●メーカー

ペンタブレットで有名なのが「Wacom」。ペンタブといえばワコムと言われるほどシェアNo.1のメーカーさんです。Intuos、Intuos Pro、Cintiqシリーズがあり、用途によって選ぶことが出来ます。

他には「PRINCETON」「HUION」などは低価格なペンタブレットメーカー。本格的に描いて行くなら「Wacom」の上位機種、文章や簡単なお絵描きは低価格のIntuosシリーズもしくは低価格のメーカーが気軽にトライ出来るかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする